相模原中央区の歯医者

〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名4681-1 田所ビル102

駐車場4台分完備

診療時間
10:00~14:00 ×
15:30~18:30 × × ×

△:10:00~15:00
休診日:火曜

ご予約・お問合せはこちら

042-760-7080

当院の虫歯治療

当院では痛みの少ない治療や、なるべく削らない治療、神経を取らない治療で、患者さまの歯を長持ちさせるようにしています。

可能な限り、痛みに配慮した治療を行います

痛みが苦手で、歯医者に行くのをためらっているという方にも気軽に歯科医院に足を運んでもらうため、可能な限り痛みに配慮した治療を行っています。

当院の歯科治療で、特に気を配っているのは麻酔の痛みです。まずは歯ぐきに表面麻酔を塗って感覚を鈍くし、そのあとに麻酔を打つようにしています。また麻酔液は、体温との温度差で刺激を感じないよう、体温と同じ程度に温めています。針も痛みを軽減できるよう、極細のものを使っています。

院長は「どうしたら痛みが軽減できるのか」について日々研究しています。かつて、麻酔のどこで痛みが出るのかを自身の歯ぐきで試したことがあり、その結果をもとに痛みを軽減する工夫をしています。安心してお任せください。

なるべく削らない治療で、歯を長持ちさせます

当院では「MI治療」(ミニマルインターベンション)に積極的に取り組んでいます。MI治療とは、虫歯に侵されていない健康的な歯をなるべく削らないで行う治療です。健康な歯の組織を残すことで、歯を長持ちさせることができます。

歯を削るときには、拡大鏡と呼ばれる歯科用のルーペを使用しています。拡大鏡なら患部を拡大して見ることができるので、誤って健康な組織を傷つけてしまうことがありません。また歯を削るときは、MI治療用に開発された極細の器具を使い、少しずつ虫歯の部分のみを削れるようにしています。

患者さまの歯を少しでも長持ちさせるために、さまざまな工夫でなるべく削らない治療を行っております。

MTAセメントを使った、
なるべく神経を取らない治療を行っています

歯の神経(歯髄)には血管が通っており、歯に栄養を与えています。そのため、神経を取ってしまうと歯に栄養が行きわたらなくなり、歯が脆くなってしまいます。歯が脆くなると、折れたり欠けたりする可能性が高まるため、重症化した虫歯でも、神経はなるべく残しておくのがよいのです。

そこで当院では、そうした大きな虫歯の場合、なるべく神経を取らずに済むよう、MTAセメントを使った治療をおすすめしています。MTAセメントは殺菌や神経の保護、炎症を抑える効果がある薬剤です。虫歯を削ったあとにMTAセメントを詰めることで、神経を取らずに治療できる可能性が高まります。

しかし、適応症がとても限られること、神経の感染によっては痛みが治まらず、結局神経を取ることになってしまう場合もあります。もちろん適応外の時にも、できるだけ神経を温存できるよう、患者さまの歯の状態を診断し、ご希望に寄り添いながら、歯を長持ちさせられる治療を進めていきます。

MTAセメント治療 5,400円(税込)

※保険外診療です

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

診療時間

 
午前 ×
午後 × × ×

午前:10:00~14:00
午後:15:30~18:30
△:10:00~15:00

休診日:火曜日